新築からリフォームまで自然素材でつくる、えころじの家!

マネープラン

マネープラン

マネープランのポイント

  • 1 . 「いくら借りれるか」ではなく「いくらならかえせるか」が基本
  • 2 . 自己資金は総費用の2割以上用意する
  • 3 . 年間返済額は年収の25%以下が目安

資金計画で重要なことは契約前に手持ち資金を確認

ローンの必要額を十分考えることが必要です

住宅の購入資金は頭金と毎月返済できる額で決まります

まずは現在の家計の状況をベースに将来にわたって

ローンの返済に充てられる金額を割り出します

一般的に自己資金は総費用の2割以上用意する必要がある

といわれています

これは住宅ローンを扱う多くの金融機関が融資の限度を

購入価格の8割程度に設定している為です

資金計画を立てるときは幾ら借りられるかでなく

幾らなら返せるかが基本になります

普通金融機関のローン審査では物件の担保価値と

併せて収入に占める返済額の割合をチェックします

また普通住宅ローンの返済額は年収の25%以下が

目安になっています

次のページへ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional